芸能人・経営者のおくやみ情報

甘粕正彦(あまかすまさひこ)

陸軍軍人、満州映画協会理事長[日本]

1945年 8月20日 死去服毒自殺享年55歳

甘粕正彦 - ウィキペディアより引用

甘粕 正彦(あまかす まさひこ、1891年(明治24年)1月26日 - 1945年(昭和20年)8月20日)は、日本の陸軍軍人。
陸軍憲兵大尉時代に甘粕事件を起こしたことで有名(無政府主義者大杉栄らの殺害)。
短期の服役後、日本を離れて満州に渡り、関東軍の特務工作を行い、満州国建設に一役買う。
満洲映画協会理事長を務め、終戦直後、服毒自殺した。
生い立ち 宮城県仙台市北三番丁に旧米沢藩士で当時宮城県警部だった父・甘粕春吉と、母・内藤志け(仙台藩士内藤与一郎の娘)の長男として生まれる。
第四次川中島の戦いでの奮戦で知られる甘粕景持の子孫で、銀行家の甘粕二郎と甘粕三郎陸軍大佐は弟。
甘粕重太郎陸軍中将は従兄弟。
マルクス経済学者見田石介は父方の従兄弟で、石介の子が社会学者見田宗介、孫が漫画家見田竜介である。
1897年(明治30年)、父の転勤で福島師範附属小学校に入学。
その後、津中学校(現・三重県立津高等学校)・名古屋陸軍地方幼年学校・陸軍中央幼年学校を経て、1912年(明治45年)5月に陸軍士官学校を卒業する。

(1891-1945) 陸軍軍人。のち満映理事。 片脚が不自由であったため歩兵を外れ憲兵となる。陸軍士官学校時代の修養班長は東條英機。 1923年9月、憲兵大尉であった当時、関東大震災下の東京で無政府主義者大杉栄を虐殺したと伝えられるが、複数犯行説、陸軍上層の内意があったとの説もあり、真相は不明。 懲役十年の判決を受け服役後、渡仏、1931年の満洲事変に前後し帰国、満洲協和会総務部長、満映理事を歴任。 満州帝国の崩壊と共に服毒自決。 一部では「満州国は昼は関東軍が支配し、夜は甘粕が支配する」と呼ばれたともいう。 映画「ラストエンペラー」(監督ベルナルド・ベルトルッチ)では坂本龍一が甘粕正彦役を演じた。 (引用元 Hatena Keyword)