芸能人・経営者のおくやみ情報

プミポン・アドゥンヤデート 氏Bhumibol Adulyadej

タイ国王、ラーマ9世[タイ]

2016年 10月13日 死去享年90歳

プミポン・アドゥンヤデート - タイ国王、ラーマ9世

『ラーマ9世』より : ラーマ9世(タイ語: รัชกาลที่ ๙、1927年12月5日 - )は、チャクリー王朝第9代のタイ国王(在位:1946年6月9日 - )。
通称はプーミポンアドゥンラヤデート(ไทย: ภูมิพลอดุลยเดช, ラテン文字転写: Bhumibol Adulyadej、「大地の力・並ぶ事なき権威」の意)。
英語や日本語では一般に長母音を無視し、プミポン国王とも通称されるが、本来はタイ語においては(称号なども含めて)後ろのアドゥンラヤデートと不可分一体であり、プーミポンだけで呼ばれることはほとんどない。
生涯 生い立ち 1927年12月5日、アメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジで生まれる。
ラーマ5世の69番目の子息、ソンクラーナカリン王子を父に持つ。
学業はスイスのローザンヌ大学で修めた。
学業中にいったん休学し、第二次世界大戦終結後の1945年にタイへ帰国するが、翌年の1946年6月9日に兄・ラーマ8世が怪死したため、兄王の死の12時間後にタイ国王に即位。

BhumibolAdulyadej;PhumiphonAdunlayadet [生]1927.12.5.アメリカ合衆国,マサチューセッツ,ケンブリッジ[没]2016.10.13.タイ,バンコクタイ国王(在位1946~2016)。チャクリー朝の第9代の王。祖父はラーマ5世(チュラーロンコーン)で,アメリカ合衆国のハーバード大学に留学中だったマヒドン親王の子として生まれた。1935年から王位にあった兄のラーマ8世(アーナンタ・マヒドン)が,1946年6月に変死したため,王位を継承しラーマ9世を称した。スイスで政治学,法律学を修め,1950年4月遠縁のシリキット・キッティヤコンと結婚,翌5月正式に国王に即位した。長い在位期間を通じて国民の強い支持を受け,立憲君主制における王でありながら,タイの政治的危機に際してたびたび重要な役割を演じた。1973年十月学生革命では,タノーム・キティカチョーン軍事政権追放の決断を示し,1974年10月新民主憲法を公布。1992年4月にスチンダ・クラプラユン陸軍司令官が首相に就任し,それに反発して生じた民主化運動が国軍によって鎮圧された際には(「流血の5月」事件),スチンダ首相と反対勢力の指導者チャムロン・スリムアンを召喚,和解を求め,のち事態はスチンダ首相の辞任で収拾した。両者が国王に謁見する光景はテレビ中継され,国王の威信を象徴するものであった。2006年6月,即位60年を記念して国をあげた祝賀行事がとり行なわれ,行事前日には,1950年代から私財を投じて実施された農村地帯の生活向上のための開発計画に対し,国際連合から人間発展功労賞が授与された。同2006年の国軍によるタクシン・チナワット政権に対するクーデターでは,首謀者と政権を承認した。200 …… (引用元 コトバンク)

「プミポン・アドゥンヤデート」と関連する人物(故人)