訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

エドワード・S・モース

動物学者[アメリカ]

(大森貝塚を発見)

1925年 12月20日 死去脳溢血享年87歳

エドワード・S・モース - ウィキペディアより引用
エドワード・シルヴェスター・モース(Edward Sylvester Morse、1838年6月18日 - 1925年12月20日)は、アメリカの動物学者。
標本採集に来日し、請われて東京大学のお雇い教授を2年務め、大学の社会的・国際的姿勢の確立に尽力した。
大森貝塚を発掘した。
日本に初めて、ダーウィンの進化論を体系的に紹介した。
名字の「モース」は「モールス」とも書かれる。
生涯 メイン州ポートランドに生まれた。
高校は入退学を繰り返し、製図工の勤めも長続きしなかったが、13歳ごろから採集し始めた貝類の標本は、学者が見学にくるほど充実していた。
1854年、18歳で博物学協会に入会し、1857年に新種のカタツムリを協会誌上に報告した。
ダーウィンの『種の起源』が出版された1859年から2年余、貝類研究の縁で、ハーバード大学のルイ・アガシー教授の学生助手を務める。
アガシーの教授を受ける中で、アガシーが腕足類を擬軟体動物に分類していたのを疑問に思ったのが、腕足類研究を思い立ったきっかけであった。