芸能人・経営者のおくやみ情報

沢村栄治(さわむらえいじ)

プロ野球選手[日本]

1944年 12月2日 死去戦死享年28歳

沢村栄治 - ウィキペディアより引用

沢村 栄治(さわむら えいじ、旧字体:澤村 榮治、1917年2月1日 - 1944年12月2日)は、三重県出身のプロ野球選手(投手)。
プロ入り前 1917年2月1日、三重県宇治山田市(現・伊勢市)の澤村賢二・みちえ夫婦の長男として生まれる。
京都商業学校(現在の京都学園高等学校)の投手として1933年春、1934年春・夏の高校野球全国大会(当時は中等野球)に出場。
1試合23奪三振を記録するなど、才能の片鱗を見せた。
全日本選抜 1934年の夏の大会終了後に京都商業を中退(現在の高校3年生に相当する年齢)。
その年の11月に開催された読売新聞社主催の日米野球の全日本チームに参戦する。
5試合に登板(4先発)したが、中でも11月20日、静岡県草薙球場で開催された試合では、7回裏にルー・ゲーリックにソロ本塁打を浴びたのみで、メジャーリーグ選抜チームを8回5安打1失点と好投した(スコアは0対1)。

プロ野球、東京巨人軍の選手。 右投左打、ポジションは投手。背番号は14番。 1917年2月1日生まれ。三重県出身。 1930年、京都商業で甲子園に3度出場。 1934年、京都商業を中退し全日本に参加。 同年11月20日、久慈次郎とのバッテリーでMLB選抜×日本選抜のオールスターゲームでベーブ・ルースやルー・ゲーリッグといったスーパースターを抑え、MLB最強チームを8回1失点完投。 1935年、米国に遠征しエースとして活躍。 同年、日本のプロ野球開始とともに大日本東京野球倶楽部に入団。 1936年、引き続き東京巨人軍の一員として入団。 1年目からエースとして活躍し、後期は13勝で最多勝を獲得。2年目には56試合制だった前期のシーズンに24勝4敗、防御率0.81という超人的な記録を打ちたて、最多勝と最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率、シーズンMVPを総なめ。 しかし、翌1938年1月に応召。帰国後、1940年にプロ野球に復帰。 手榴弾の投げすぎから来る肩の酷使のため、球速は落ちていたが、1940年7月6日の対名古屋軍戦で3度目のノーヒットノーランを達成。 球速160kmや、ほぼ直球の速さで落ちるドロップボール、バントで左安打など、彼の残した伝説や功績は数知れない。 1944年、再び徴兵。 同年12月2日、レイテ島へ輸送途中、台湾沖で戦死。 1946年7月4日、背番号14番が読売ジャイアンツの永久欠番となる。 1947年に作られた、プロ野球の先発完投型の投手に贈られる「沢村栄治賞(沢村賞)」に名を残す。 1959年、野球殿堂入り。 (引用元 Hatena Keyword)