芸能人・経営者のおくやみ情報

カミーユ・サン=サーンスCharles Camille Saint-Saëns

作曲家ピアニスト[フランス]

1921年 12月16日 死去享年87歳

カミーユ・サン=サーンス - ウィキペディアより引用

シャルル・カミーユ・サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saëns, 1835年10月9日 - 1921年12月16日)は、フランスの作曲家、ピアニスト、オルガニスト。
ユダヤ人を遠祖に持つともいわれる官吏の家庭に生まれる。
モーツァルトと並び称される神童タイプで、2歳でピアノを弾き、3歳で作曲をしたと言われている。
また、10歳でバッハ、モーツァルト、ベートーヴェンたちの作品の演奏会を開き、16歳で最初の交響曲を書いている。
1848年に13歳でパリ音楽院に入学して作曲とオルガンを学ぶ。
やがて作曲家兼オルガニストとして活躍した。
特にオルガンの即興演奏に素晴らしい腕を見せ、1857年に当時のパリのオルガニストの最高峰といわれたマドレーヌ教会のオルガニストに就任する。
1871年にはフランス音楽普及のために、フランク、フォーレらとともに国民音楽協会を設立した。
1881年にはアカデミー会員に推薦され、57歳の1892年にはケンブリッジ大学から音楽博士の称号を贈られた。

フランスの作曲家。ピアニスト、オルガニスト。 Charles Camille Saint-Saëns 1835年10月9日、生まれ。1921年12月16日、死去。 ガブリエル・フォーレの師。 主な作品に歌劇《サムソンとデリラ》《ヘンリー8世》、管弦楽《アルジェリア組曲?》《動物の謝肉祭》、「交響曲第3番 オルガン付き」、歌曲「ナイチンゲールとバラ」「月の光」など。 (引用元 Hatena Keyword)