訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アウグスト・ヴァイスマンFriedrich Leopold August Weismann

動物学者[ドイツ]

1914年 11月5日 死去享年81歳

アウグスト・ヴァイスマン - ウィキペディアより引用
フリードリッヒ・レオポルト・アウグスト・ヴァイスマン(Friedrich Leopold August Weismann, 1834年1月17日 - 1914年11月5日)はドイツの動物学者。
オーギュスト・ワイスマンなどとも表記される。
フライブルク大学動物学研究所所長。
専門は発生学・遺伝学。
エルンスト・マイアは彼をチャールズ・ダーウィンに次いで19世紀で二番目に重要な進化理論家であり、同時に自然選択を実験的に検証しようとした最初の一人であり、熱烈なナチュラリストでもあったと表現した。
生涯 古典と神学を学んだ高校教師の父親ヨハン・コンラート・ヴァイスマンと市議会議員の娘である母エリーザの元に、フランクフルト・アム・マインで生まれた。
19世紀の典型的な上流階級の教育を受け、4歳から音楽を、14歳からは絵とスケッチのレッスンを受けた。
彼のピアノの教師は熱心な蝶のコレクターで、蝶や青虫の収集を彼に教えた。
しかし自然科学を学ぶことは彼の将来の仕事とは関係がないと見なされ、家族の友人フリードリッヒ・ヴェーラーからは薬学の勉強を勧められた。

↑ PAGE TOP