芸能人・経営者のおくやみ情報

和辻哲郎 氏(わつじてつろう)

哲学者[日本]

1960年 12月26日 死去心筋梗塞享年72歳

和辻哲郎 - ウィキペディアより引用

和辻 哲郎(わつじ てつろう、1889年3月1日 - 1960年12月26日)は、『古寺巡礼』『風土』などの著作で知られる日本の哲学者、倫理学者、文化史家、日本思想史家。
その倫理学の体系は、和辻倫理学と呼ばれる。
日本倫理学会会員。
日本的な思想と西洋哲学の融合、あるいは止揚とでもいうべき境地を目指した稀有な哲学者と評価される。
主著の『倫理学』は、近代日本における独創性を備えたもっとも体系的な哲学書のひとつであると言われている。
従弟に京都市長を務めた和辻春樹(船舶工学者)がいる。
長女京子は社会学者の尾高邦雄に嫁した。
なお尾高の兄尾高朝雄は東大法学部を出たあと、和辻在任中の京大哲学科で学んでいる。
親戚に歌手のロミ山田がいる(ロミ山田の実父が和辻と従兄弟)。
和辻との共訳書もある林達夫は和辻と相婿の義兄弟である。
姫路市の主催で、和辻哲郎文化賞が、(生誕百年記念し1988年度より)毎年優れた著作に与えられている。
和辻の全蔵書は、1961年に和辻の親友で法政大学教授であった谷川徹三の仲介で法政大学に寄贈された。

わつじてつろう [生]1889.3.1.姫路[没]1960.12.26.東京倫理学者。医師の次男に生れ,1912年東京大学卒業。東洋大学,法政大学で教えたのち,京都大学助教授を経て,ドイツ留学,31年京都大学教授,34年東京大学教授。初期には『ニイチェ研究』(1913),『ゼエレン・キェルケゴオル』(15)など実存主義者の研究を発表したが,のち『古寺巡礼』(19),『日本古代文化』(20),『日本精神史研究』(26)などの日本文化に先駆的かつ斬新な視野を開き,また『人間の学としての倫理学』(34),『風土』(35),『倫理学』(3巻,37~49)において個人のなかにではなく,人と人との関係たる間柄の学としての独自の倫理学を築いた。55年文化勲章受章。著書にはそのほか『鎖国』(50),『埋もれた日本』(51),『日本倫理思想史』(2巻,52)などがある。『和辻哲郎全集』(20巻,61~63)がある。 (引用元 コトバンク)