芸能人・経営者のおくやみ情報

エンリコ・フェルミ 氏Enrico Fermi

物理学者[イタリア→アメリカ]

1954年 11月28日 死去がん享年54歳

エンリコ・フェルミ - ウィキペディアより引用

エンリコ・フェルミ(Enrico Fermi、1901年9月29日 – 1954年11月28日)は、イタリア、ローマ出身の物理学者。
統計力学、核物理学および量子力学の分野で顕著な業績を残しており、中性子による元素の人工転換の実験をして、多くの放射性同位元素を作り1938年のノーベル物理学賞を受賞している。
フェルミに由来する用語は数多く、フェルミ推定のような方法論やフェルミのパラドックスといった問題、フェルミ粒子のような粒子の分類やフェルミウムといった元素名にその名を残している。
他にも物理学の用語にフェルミに因むものが多く存在する。
実験家と理論家との2つの顔を持ち、双方において世界最高レベルの業績を残した、史上稀に見る物理学者であった。
生涯 生い立ち 1901年、イタリア王国ラツィオ州ローマに生まれる。
公務員アルベルト・フェルミと教師イダ・デガティスとの間の第3子であった。
彼には2歳年上の姉マリアと1歳年上の兄ジュリオがおり、彼らと同じように田舎に預けられ、2歳半の時に家族のもとに帰ることとなった。