芸能人・経営者のおくやみ情報

鈴木三重吉(すずきみえきち)

児童文学作家[日本]

1936年 6月27日 死去肺がん享年55歳

鈴木三重吉 - ウィキペディアより引用

鈴木 三重吉(すずき みえきち、1882年(明治15年)9月29日 - 1936年(昭和11年)6月27日)は、広島県広島市出身の小説家・児童文学者。
日本の児童文化運動の父とされる。
1882年(明治15年)9月29日、広島県広島市猿楽町(現、中区紙屋町、現在エディオン広島本店 本館がある地)に、父悦二、母ふさの三男として生まれる。
1889年(明治22年)本川小学校に入学。
1891年(明治24年)三重吉が9歳の時に、母ふさが亡くなる。
1893年(明治26年)11歳の時に、第一高等小学校に入学。
1896年(明治29年)広島県広島尋常中学校(現・広島県立広島国泰寺高等学校)に入学。
1897年(明治30年)、三重吉が15歳の時に書いた『亡母を慕ふ』が、「少年倶楽部」4月号に、『天長節の記』が「小国民」9年2号に掲載される。
この頃、映山という筆名で、「新声」等へも投稿していた。
中学2年の時には、童話『あほう鳩』などが、「少年倶楽部」に入選している。
1901年(明治34年)、第三高等学校を経て、東京帝国大学文科大学英文学科に入学。

  • 題名
    日本名作童話シリーズ8 [VHS]
    監督
    出演俳優
    1. 井上和彦
    2. 玄田哲章
    3. 加藤修
    4. 小山まみ
    発売元
    日本コロムビア
    発売日
    1997年6月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    日本名作童話シリーズ7 [VHS]
    監督
    出演俳優
    1. 井上和彦
    2. 玄田哲章
    3. 加藤修
    4. 小山まみ
    発売元
    日本コロムビア
    発売日
    1997年6月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

小説家。広島県生。東京帝大卒。明治39年夏目漱石の推薦で、『千鳥』を『ホトトギス』に発表。児童文学に進出し、処女童話集『湖水の女』を刊行。大正7年『赤い鳥』を創刊。芥川龍之介・有島武郎・豊島与志雄らに勧めて児童文学の筆をとらせる一方、北原白秋・西条八十・野口雨情の詩の作曲を山田耕筰に依頼し、坪田譲治・新美南吉・山本鼎を世に送り出すなど、童話・童謡・童画・綴方運動を展開した。昭和11年(1936)歿、55才。 (引用元 コトバンク)