芸能人・経営者のおくやみ情報

ルイ14世

フランス国王[フランス]

1715年 9月1日 死去壊疽享年76歳

ルイ14世 - ウィキペディアより引用

『ルイ14世 (フランス王)』より : ルイ14世(仏:Louis XIV、1638年9月5日 - 1715年9月1日)は、ブルボン朝第3代のフランス王国国王(在位:1643年5月14日 - 1715年9月1日)である。
ナバラ王国国王としてはルイス3世(バスク語:Luis III.a)である。
ルイ13世の長子であり、妃はスペイン国王であるフェリペ4世の娘マリー・テレーズ・ドートリッシュである。
王朝の最盛期を築き、太陽王(Roi-Soleil)と呼ばれた。
父の死後、幼くしてフランス国王に即位し、宰相ジュール・マザランの補佐を得てフロンドの乱を鎮圧した。
1661年に親政を開始するとジャン=バティスト・コルベールを登用して中央集権と重商主義政策を推進した。
対外戦争を積極的に行い、帰属戦争、オランダ侵略戦争で領土を拡張して権威を高めると、ジャック=ベニーニュ・ボシュエの唱える王権神授説・ガリカニスムを掲げ、絶対君主制を確立した。
さらにミディ運河とヴェルサイユ宮殿を建設した。
治世後半のアウクスブルク同盟戦争、スペイン継承戦争では苦戦し、晩年には莫大な戦費調達と放漫財政によりフランスは深刻な財政難に陥った。

Louis XIV フランス国王(在位1643年〜1715年) ブルボン朝としては三代目。太陽王。決めゼリフは「朕は国家なり」(L'etat c'est moi.)*1 ルイ13世と王妃アンヌ=ドートリッシュ*2の子。 わずか5歳で即位したため、母后アンヌ・ドートリッシュが摂政に、枢機卿マザランが宰相に就任して実際の政務を行った。 1661年、宰相マザランの死後親政を開始。 以後、幾多の侵略戦争を起こし、ヴェルサイユ宮殿を造営、フランス・ブルボン朝絶対王政の頂点をなす。が、家庭的には子・孫を亡くしたり等不遇であり、また、戦費や浪費、新教徒の国外脱出などによってフランス国内を疲弊させた。 (引用元 Hatena Keyword)