芸能人・経営者のおくやみ情報

エミール・ゾラÉmile François Zola

作家[フランス]

1902年 9月29日 死去一酸化炭素中毒享年63歳

エミール・ゾラ - ウィキペディアより引用
エミール・フランソワ・ゾラ(フランス語: Émile François Zola、1840年4月2日 - 1902年9月29日)は、フランスの小説家で、自然主義文学の定義者であり、代表的存在でもあった。
代表作品は全20作から成るルーゴン・マッカール叢書で、著名作は『ジェルミナール(芽月)』、『居酒屋』、『ナナ』。
生涯 イタリア人技術者である父とフランス人である母との1人息子として、パリに生まれた。
ゾラは少年時代を南フランスのエクサンプロヴァンスで過ごした。
18歳でパリに戻り、バカロレア(大学入学資格試験)に挑戦するが失敗し、出版社アシェット書店で働きながら(配送部に入社。
後に広報部に移動)作家を目指してロマン主義的な作品を作った。
このころから、評論を手がけ始め、エドゥアール・マネなどの印象派の画家を擁護する批評を発表した。
1867年に『テレーズ・ラカン』を発表し、小説家としての足場を固めた。
ゾラは実証的な自然科学の手法をそのまま文学に導入する「自然主義」を唱え(「実験小説論」)、その実践としてルーゴン・マッカール叢書を執筆した。
  • 題名
    Nana
    歌手
    発売元
    発売日
    新品価格
    ¥ 5,312 より
    中古商品
    ¥ 4,427 より

「エミール・ゾラ」と関連する人物(故人)