芸能人・経営者のおくやみ情報

長谷川時雨(はせがわしぐれ)

作家[日本]

1941年 8月22日 死去享年63歳

長谷川時雨 - ウィキペディアより引用

長谷川 時雨(はせがわ しぐれ、1879年(明治12年)10月1日 - 1941年(昭和16年)8月22日)は、劇作家・小説家。
雑誌や新聞を発行して、女性の地位向上の運動を率いた。
本名、長谷川ヤス。
画家・随筆家の長谷川春子は末妹。
生涯 東京府日本橋区通油町1丁目(現在の東京都中央区日本橋大伝馬町3丁目)に、深造・多喜の長女として生まれた。
深造は日本初の免許代言人(弁護士)の一人で、東京市会の有力者でもあった。
多喜は御家人の娘であった。
5歳から12歳まで、秋山源泉小学校で寺子屋式の代用小学校で教育を受け、かたわら、長唄、踊り、お花、お茶、当時流行の二弦琴などの女子の躾けを受け、祖母には芝居へ連れられた。
女に学問は不要という母に隠れて本を読み、14歳から行儀見習いに奉公した池田侯爵家でも、夜分は読書に耽った。
17歳のとき肋膜炎を病んで家に戻り、佐佐木信綱の竹柏園に通って古典を学んだ。
1897年(明治30年)18歳の時に、父の命で鉄問屋の成金の息子と結婚させられたが、遊び人で釜石鉱山に追われ、それに嫌々従った3年間、勉強し習作し、1901年、短編『うづみ火』を投稿して『女学世界』誌の特賞に選ばれた。

1879-1941 劇作家・小説家。東京生まれ。本名、ヤス。三上於菟吉の妻。妹に画家の長谷川春子。 数々の戯曲を執筆し、多く歌舞伎俳優により上演された。 また雑誌「女人芸術」を創刊し、多くの女性文学者を育てた。 代表作に、戯曲「操」(のち「さくら吹雪」と改題)、評伝「近代美人伝」、回顧録「旧聞日本橋」など。 (引用元 Hatena Keyword)