芸能人・経営者のおくやみ情報

エリオ・グレイシー 氏Hélio Gracie

ブラジリアン柔術家[ブラジル]

2009年 1月29日 死去享年97歳

エリオ・グレイシー - ウィキペディアより引用

エリオ・グレイシー(Hélio Gracie、1913年10月1日 - 2009年1月29日)は、ブラジルの男性ブラジリアン柔術家であり、グレイシー柔術の創始者。
パラー州ベレン出身。
ブラジリアン柔術十段(赤帯)。
ガスタオン・グレイシー家の五男。
父ガスタオン・グレイシーから依頼され前田光世は兄カーロス・グレイシーやエリオを含む5人兄弟に柔道(柔術)の技術と精神を教えていた。
その後、カーロスとエリオは、グレイシー柔術の技術体系を築き、エリオは「グレイシー柔術アカデミー」総裁となる。
1930年代からバーリトゥードを戦い始め、約20年間無敗を誇りブラジルスポーツ界の英雄となる。
43歳の時、弟子であったヴァウデマー・サンターナと対戦。
3時間以上の試合となったがKO負けとなり、この試合を最後に引退した。
90歳を過ぎてからも、道着に袖を通し道場に姿を現しては稽古、指導を行っていた。
2008年2月に、ヒクソン・グレイシーを会長とする全日本柔術連盟(JJFJ)の相談役に就任した。

グレイシー柔術の総帥. 木村政彦との死闘で知られる。 ホイス・グレイシー、ヒクソン・グレイシー、ホリオン・グレイシーなどはすべて彼の息子。 2009年1月、95歳で逝去。 (引用元 Hatena Keyword)

「エリオ・グレイシー」と関連する人物(故人)