芸能人・経営者のおくやみ情報

イタロ・カルヴィーノ 氏

作家[イタリア]

1985年 9月19日 死去脳卒中享年71歳

イタロ・カルヴィーノ - ウィキペディアより引用

イタロ・カルヴィーノ(Italo Calvino, 1923年10月15日 - 1985年9月19日)は、イタリアの小説家、SF作家、幻想文学作家、児童文学作家、文学者、評論家。
20世紀イタリアの国民的作家とされ、多彩な作風で「文学の魔術師」とも呼ばれる。
キューバのハバナ近くの村で農学者の父と植物学者の母の間に生まれる。
2歳の時に両親とともにイタリアに戻り、20歳までサンレーモで過す。
トリノ大学農学部に入学。
1943年のムッソリーニ失脚に伴い1945年のイタリア解放に至るまで、弟と一緒にパルチザンに参加し、ガリバルディ旅団に属した。
戦後はトリノ大学文学部に編入して卒業し、エイナウディ社編集部に入った。
またイタリア共産党員としても活動し、機関誌『ウニタ』の編集局員も勤めたが、ハンガリー動乱などの社会的動向の影響で1956年に脱党した。
戦後、1945年に書いた短編小説が、カルヴィーノの2人の父と言われるパヴェーゼ、ヴィットリーニの目に止まり、雑誌『アレトゥーザ』『ポリテークニコ』に掲載されて作家デビュー。

「イタロ・カルヴィーノ」と関連する人物(故人)