芸能人・経営者のおくやみ情報

カート・ヴォネガット 氏Kurt Vonnegut

作家[アメリカ]

2007年 4月11日 死去享年86歳

カート・ヴォネガット - ウィキペディアより引用

カート・ヴォネガット(Kurt Vonnegut、1922年11月11日 - 2007年4月11日)は、アメリカの小説家、エッセイスト、劇作家。
1976年の作品『スラップスティック』より以前の作品はカート・ヴォネガット・ジュニア(Kurt Vonnegut Jr.)の名で出版されていた。
人類に対する絶望と皮肉と愛情を、シニカルかつユーモラスな筆致で描き人気を博した。
現代アメリカ文学を代表する作家の一人とみなされている。
代表作には『タイタンの妖女』、『猫のゆりかご』(1963年)、『スローターハウス5』(1969年)、『チャンピオンたちの朝食』(1973年)などがある。
ヒューマニストとして知られており、American Humanist Association の名誉会長も務めたことがある。
20世紀アメリカ人作家の中で最も広く影響を与えた人物とされている。
生涯 前半生 ヴォネガットは1922年にインディアナ州インディアナポリスでドイツ系移民の家庭に生まれた。

  • 題名
    Tock Tick
    歌手
    発売元
    Wall Lizard Music
    発売日
    2004年3月16日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 6,635 より

Kurt Vonnegut(1922年11月11日-2007年4月11日) カート・ヴォネガット(Jr.)。小説家。 1922年アメリカ・インディアナ州インディアナポリス生まれ。2007年死去、84歳。 第二次大戦中にドイツ軍の捕虜となり、米軍の「ヒロシマ・ナガサキに並び称される」、悲惨な無差別空爆・ドレスデン大空襲を体験。作品「スローターハウス5」に反映されている。 SF的な作風の作品を書き続けたが、本人は「SF作家」というラベルを嫌った。 本人手書きのイラストも組み込まれることもある、ポップな文体。SF的な奇想と、非常にクールな視点と、ヒューマニズムの入り混じる物語。 60年代は、若い世代の間で「カルト作家」となった。 また「作家は坑道のカナリヤである」という持論でも知られる。 作品内にしばしば登場する、「B級SF作家」キルゴア・トラウトは、シオドア・スタージョンがモデルであったと言われる。 また、日本語の訳文は、村上春樹の文体に影響を与えていると言われる。 (引用元 Hatena Keyword)