芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・フォークナー 氏William Cuthbert Faulkner

作家[アメリカ]

1962年 7月6日 死去心筋梗塞享年66歳

ウィリアム・フォークナー - ウィキペディアより引用

ウィリアム・カスバート・フォークナー(William Cuthbert Faulkner, 本名:Falkner, 1897年9月25日 - 1962年7月6日)は、アメリカ合衆国の小説家。
ヘミングウェイと並び称される20世紀アメリカ文学の巨匠であり、南部アメリカの因習的な世界を「意識の流れ」を初めとする様々な実験的手法で描いた。
代表作に『響きと怒り』、『サンクチュアリ』、『八月の光』、『アブサロム、アブサロム!』など。
1949年度ノーベル文学賞受賞。
フォークナーはその生涯の大半をミシシッピ州ラファイエット郡の田舎町オックスフォードにある自宅「ローアン・オーク」(Rowan Oak)で過ごしており、彼の作品の大部分は同地をモデルにした架空の土地ヨクナパトーファ郡ジェファソンを舞台にしている。
これらの作品はオノレ・ド・バルザック的な同一人物再登場法によって相互に結び付けられ、その総体はヨクナパトーファ・サーガと呼ばれる。
弟のジョン·フォークナーも作家で、一時は兄をうわまわる人気作家だった。
ジョンは兄の死の直後の1963年、兄についての回顧本『響きと怒りの作家―フォークナー伝』を執筆している。

William Faulkner アメリカ合衆国の小説家。 1897年9月25日、生まれ。1962年7月6日、死去。 1897年、ミシシッピ州ニュー・アルバニーで生まれる。 自らの故郷をモデルにした架空の町ジェファソンを自己の文学創造の場とし、のちに「ヨクナパトーファ・サーガ」と呼ばれる小説世界を作り上げる。フォークナーは、日本の現代作家に多大な影響を及ぼしている。 1950年にノーベル文学賞を受賞。 (引用元 Hatena Keyword)