芸能人・経営者のおくやみ情報

江利チエミ 氏(えりちえみ)

歌手女優タレント[日本]

1982年 2月13日 死去享年46歳

江利チエミ - ウィキペディアより引用
江利 チエミ(えり チエミ、1937年1月11日 - 1982年2月13日)は、昭和期に活躍した日本の歌手・女優・タレントである。
本名は久保 智惠美(くぼ ちえみ)。
生い立ち 1937年(昭和12年)1月11日、東京市下谷区(現・東京都台東区下谷)に3男1女の末娘として生まれる。
血液型はA型。
父・久保益雄は福岡県田川郡添田町の出身。
独学でクラリネット奏者になったが、軍事徴用での工場の作業で指の先を痛め、以降再び独学でピアノ弾きに転向したりと、ともかく「音楽センス」の素晴らしい人だったと言われており、智惠美が生まれた頃は船のバンドマスター、吉本興業に所属していた(デビュー当時のチエミも吉本に所属していた。
デビュー当時の吉本は今のような規模になく花菱アチャコ・チエミくらいしか稼げるスターはいなかった)。
バンドマスターを経て吉本所属(東京吉本)の大スター、柳家三亀松(三味線漫談)の相三味線やピアノ伴奏を務める(三亀松の語りにあわせての効果音的なピアノ伴奏は絶妙で、三味線もコードを変えて音を重ねるなど巧みな腕を持っていた)。