訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

レオン・フーコーJean Bernard Léon Foucault

物理学者[フランス]

1868年 2月11日 死去享年50歳

レオン・フーコー - ウィキペディアより引用
ジャン・ベルナール・レオン・フーコー(フランス語:Jean Bernard Léon Foucault、1819年9月18日 - 1868年2月11日)は、フランス王国パリ出身の物理学者。
1851年に地球の自転を証明する際に用いられる「フーコーの振り子」の実験を行ったことで名高い。
また、1855年にはアルミニウムなどの金属板を強い磁界内で動かしたり、金属板の近傍の磁界を急激に変化させた際に、電磁誘導効果により金属内で生じる渦状の誘導電流である「渦電流(フーコー電流とも)」を発見した。
また、ジャイロスコープの発明者とされるが、実際は1817年にドイツの天文学者ヨハン・ゴットリープ・フリードリヒ・フォン・ボーネンベルガーが発明した。
なお、フーコーが1851年に発明した「フーコーの振り子」をフーコー自身が「ジャイロスコープ」と呼称したため、「ジャイロスコープ」が一般に広まった。
詰まるところ、1852年にフーコーが発明したのは「ジャイロスコープ」と言う「名称」である。
1855年にイギリス王立協会からコプリ・メダルが授与され、時のフランス皇帝ナポレオン3世からはレジオンドヌール勲章のオフィシエが与えられた。
題名
フーコーの振り子―科学を勝利に導いた世紀の大実験
著者
アミール・D.アクゼル
発売元
早川書房
発売日
2005-10
新品価格
¥ 13,842 より
中古商品
¥ 700 より

↑ PAGE TOP