芸能人・経営者のおくやみ情報

レオン・フーコーJean Bernard Léon Foucault

物理学者[フランス]

1868年 2月11日 死去享年50歳

レオン・フーコー - ウィキペディアより引用

ジャン・ベルナール・レオン・フーコー(フランス語:Jean Bernard Léon Foucault、1819年9月18日 - 1868年2月11日)は、フランス王国パリ出身の物理学者。
1851年に地球の自転を証明する際に用いられる「フーコーの振り子」の実験を行ったことで名高い。
また、1855年にはアルミニウムなどの金属板を強い磁界内で動かしたり、金属板の近傍の磁界を急激に変化させた際に、電磁誘導効果により金属内で生じる渦状の誘導電流である「渦電流(フーコー電流とも)」を発見した。
また、ジャイロスコープの発明者とされるが、実際は1817年にドイツの天文学者ヨハン・ゴットリープ・フリードリヒ・フォン・ボーネンベルガーが発明した。
なお、フーコーが1851年に発明した「フーコーの振り子」をフーコー自身が「ジャイロスコープ」と呼称したため、「ジャイロスコープ」が一般に広まった。
詰まるところ、1852年にフーコーが発明したのは「ジャイロスコープ」と言う「名称」である。
1855年にイギリス王立協会からコプリ・メダルが授与され、時のフランス皇帝ナポレオン3世からはレジオンドヌール勲章のオフィシエが与えられた。

Jean Bernard Léon Foucault(1819年?9月18日〜1868年2月11日) フランスの物理学者であり、パリ天文台の技師。 フィゾーとともに光速を測定、のちに独自に水中での光速を測定し、光が波動としての性質をもつことを示した。 巨大な振り子をふらせたまま放置しておくとその振動面がだんだん回転してゆくことから地球が自転していることを立証した実験、いわゆる「フーコーの振り子」でも有名。 (引用元 Hatena Keyword)