訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

朝永振一郎 氏(あさながしんいちろう)

物理学者[日本]

(ノーベル物理学賞受賞)

1978年 7月8日 死去咽頭がん享年74歳

朝永振一郎 - ウィキペディアより引用
朝永 振一郎(ともなが しんいちろう、1906年(明治39年)3月31日 - 1979年(昭和54年)7月8日)は、日本の物理学者。
相対論的に共変でなかった場の量子論を超多時間論で共変な形にして場の演算子を形成し、場の量子論を一新した。
超多時間論を基にくりこみ理論の手法を発明、量子電磁力学の発展に寄与した功績によってノーベル物理学賞を受賞した。
東京生まれで京都育ち。
なお、朝永家自体は長崎県の出身。
生涯 1906年、東京市小石川区小日向三軒町(現在の文京区小日向)に長崎出身の父親朝永三十郎と埼玉県出身の母親の子として生まれた。
幼少期は病弱であったと伝えられる。
1913年、父三十郎の京都帝国大学教授就任に伴い一家で京都に転居し、錦林小学校に転校する。
三十郎は、後に京都学派の哲学者の一員として知られるようになる。
朝永は次第に自然に興味を持つようになり、虫眼鏡で実験を行ったり、電信機や顕微鏡のレンズを自作するなどしていた。
著名な哲学者の息子ではあるが、朝永は後年、「哲学というものは私にとってはなはだ苦手で、どうしても歯がたたない」と語っている。