芸能人・経営者のおくやみ情報

エンゲルベルト・ケンペルEngelbert Kaempfer

医師博物学者[ドイツ]

1716年 11月2日 死去享年66歳

エンゲルベルト・ケンペル - ウィキペディアより引用

エンゲルベルト・ケンペル(Engelbert Kaempfer, 現代ドイツ語読みではエンゲルベアト・ケンプファー、1651年9月16日 - 1716年11月2日)は、ドイツ北部レムゴー出身の医師、博物学者。
ヨーロッパにおいて日本を初めて体系的に記述した『日本誌』の原著者として知られる。
旅立ち 現ノルトライン=ヴェストファーレン州のレムゴーに牧師の息子として生まれる。
ドイツ三十年戦争で荒廃した時代に育ち、さらに例外的に魔女狩りが遅くまで残った地方に生まれ、叔父が魔女裁判により死刑とされた経験をしている。
この2つの経験が、後に平和や安定的秩序を求めるケンペルの精神に繋がったと考えられる。
故郷やハーメルンのラテン語学校で学んだ後、さらにリューネブルク、リューベック、ダンツィヒで哲学、歴史、さまざまな古代や当代の言語を学ぶ。
ダンツィヒで政治思想に関する最初の論文を執筆した。
さらにトルン、クラクフ、ケーニヒスベルクで勉強を続けた。
1681年にはスウェーデンのウプサラのアカデミーに移る。
そこでドイツ人博物学者ザムエル・フォン・プーフェンドルフの知己となり、彼の推薦でスウェーデン国王カール11世がロシア・ツァーリ国(モスクワ大公国)とペルシアのサファヴィー朝に派遣する使節団に医師兼秘書として随行することになった。

「エンゲルベルト・ケンペル」と関連する人物(故人)