訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ベドルジハ・スメタナBedřich Smetana

作曲家指揮者ピアニスト[チェコ]

1884年 5月12日 死去享年61歳

ベドルジハ・スメタナ - ウィキペディアより引用
ベドルジハ・スメタナ(またはベドジフ・スメタナ ベトルジヒ・スメタナ、チェコ語: Bedřich Smetana [ˈbɛdr̝ɪx ˈsmɛtana] Cs-Bedrich_Smetana.ogg 発音、1824年3月2日 - 1884年5月12日)は、チェコの作曲家・指揮者・ピアニスト。
ドイツ語名のフリードリヒ・スメタナ (Friedrich Smetana)でも知られる。
スメタナは、当時、オーストリア=ハンガリー帝国(オーストリア帝国)によって支配されていたチェコの独立国家への願望、チェコ民族主義と密接に関係する国民楽派を発展させた先駆者である。
そのため祖国チェコにおいては、広くチェコ音楽の祖とみなされている。
国際的には、6つの交響詩から成る『わが祖国』と、オペラ『売られた花嫁』、弦楽四重奏曲『弦楽四重奏曲第1番 「わが生涯より」』で知られる。
『わが祖国』は、スメタナの祖国であるチェコの歴史、伝説、風景を描写した作品で、第2曲の「ヴルタヴァ」(モルダウ)が特に著名である。