芸能人・経営者のおくやみ情報

アレクサンダー・フォン・フンボルトFriedrich Heinrich Alexander, Freiherr von Humboldt

博物学者、探検家[ドイツ]

1859年 5月6日 死去享年91歳

アレクサンダー・フォン・フンボルト - ウィキペディアより引用

フリードリヒ・ハインリヒ・アレクサンダー・フォン・フンボルト(Friedrich Heinrich Alexander, Freiherr von Humboldt, 1769年9月14日 - 1859年5月6日)はドイツの博物学者兼探検家、地理学者。
兄がプロイセンの教育相、内相であり言語学者のヴィルヘルム・フォン・フンボルト。
近代地理学の金字塔、大著『コスモス』を著したことは有名。
カール・リッターとともに、近代地理学の祖とされている。
また、ゲーテやシラーや、ヨーロッパ滞在中のシモン・ボリバルなどと、親交があった事でも知られる。
王立協会外国人会員。
1769年9月14日、ベルリンでプロイセン貴族の家に次男として生まれ、国王の侍従であった父親は、温厚で優しい人物であったが、フンボルト9歳の時亡くなった。
母親は、孤高で、冷たく、尊大で、清教徒的な人であった。
兄弟の教育は家庭教師がついて行われた。
読み書き系算術を教えたのはヨアキム・ハインリヒ・カンペという若者であった。
その後任はゴットロープ・クントで、兄弟には歴史や数学の基礎を教え、さまざまな語学に重点を置き、二人が大きくなるとより進んだ学習が出来るようにと専門家たちを招いて学習させた。