芸能人・経営者のおくやみ情報

遠藤幸雄 氏

体操選手[日本]

(五輪金メダリスト)

2009年 3月25日 死去食道がん享年72歳

遠藤幸雄 - ウィキペディアより引用

遠藤 幸雄(えんどう・ゆきお、1937年(昭和12年)1月18日 - 2009年(平成21年)3月25日)は、日本の体操競技選手である。
経歴・人物 秋田県秋田市出身。
秋田工業高校から東京教育大学(現筑波大学)卒業。
小学校3年生の時に母親を亡くし、中学1年の冬から養護施設で育つ。
中学2年の時、先生の勧めで体操部に入部し、市内大会では数々の表彰台に上がる。
同じ秋田県出身の小野喬を目標に競技を続け、東京教育大学在学時代から体操競技日本代表選手に選ばれてオリンピック、世界選手権など数々の国際大会に出場した。
1964年東京オリンピックでは日本選手としては初めてとなる個人総合優勝を果たした。
過去2回のオリンピックに僅差で個人総合優勝を逃していた小野は遠藤の快挙を喜び、個人的に遠藤にトロフィーを贈った。
遠藤はこのトロフィーを「永遠の記念品」と述べている(下記外部リンクを参照)。
東京オリンピック個人総合の最終種目となった鞍馬を前に、遠藤は9.00を出せば2位のボリス・シャハリン(ソビエト連邦、ローマ五輪個人総合金メダリスト)が最終種目でたとえ10.00を出しても追いつかない絶対的優位を築いていたが、日本悲願の個人総合優勝のかかる重圧の中、会場が凍りつく落下寸前の演技の止まるミスを連発、長い協議の末9.10をマーク。

えんどうゆきお [生]1937.1.18.秋田,秋田[没]2009.3.25.東京,千代田体操競技選手。東京教育大学卒業。オリンピック競技大会(五輪)で,1960年ローマ,1964年東京,1968年メキシコと3大会連続出場を果たした。五輪の男子体操競技団体総合3連覇に貢献し,東京五輪で日本人初の個人総合優勝に輝き,種目別の平行棒で金,床運動で銀メダルを獲得した。メキシコ五輪では跳馬で銀メダルを獲得し,3度の五輪で金メダル5個,銀メダル2個を獲得した。1980~2007年日本大学教授。1981年日本体操協会理事に就任後,専務理事,副会長など要職を歴任した。1989年日本オリンピック委員会JOC理事。1964年ヘルムズ賞,1996年紫綬褒章,2008年旭日中綬章を受けた。1999年国際体操殿堂入りを果たした。 (引用元 コトバンク)