芸能人・経営者のおくやみ情報

ハスケル・カリー 氏Haskell Brooks Curry

数学者[アメリカ]

1982年 9月1日 死去享年83歳

ハスケル・ブルックス・カリー(Haskell Brooks Curry、1900年9月12日 - 1982年9月1日)はアメリカの数学者、論理学者。
マサチューセッツ州ミリスで教育者サミュエル・サイラス・カリーの子として生まれる。
ハーバード大学を卒業後、1930年、ゲッティンゲン大学でダフィット・ヒルベルトに師事し、博士号を得た。
ゲッティンゲンに在学中、モーゼス・シェーンフィンケルが組合せ論理を導入した1920年の講義の記録を読んだのは、幸運な出来事であった。
これに触発されて、組合せ論理をテーマにして博士論文を書き上げた。
残りの研究歴をこの分野に費やし、組合せ論理の開拓者、最大の貢献者になった。
組合せ論理は、ある種の関数型プログラミング言語の基盤になっている。
組合せ論理の力と範囲は、アロンゾ・チャーチのラムダ計算のそれときわめて似通っているが、近年は後者の形式主義の方が優勢である。
はじめ、ハーバード大学とプリンストン大学で教え、1929年から1966年までペンシルベニア州立大学で教えた。