芸能人・経営者のおくやみ情報

ジェームズ・ジーンズJames Hopwood Jeans

物理学者文学者[イギリス]

1946年 9月16日 死去享年70歳

ジェームズ・ジーンズ - ウィキペディアより引用

ジェームズ・ホップウッド・ジーンズ(Sir James Hopwood Jeans 、1877年9月11日 - 1946年9月16日)は、イギリスの物理学者、天文学者、数学者である。
黒体輻射に関するレイリー・ジーンズの法則、惑星の起源に関する潮汐起源説などで知られる。
生涯 ケンブリッジ出身で1904年からアメリカのプリンストン大学の応用数学教授、1910年から1912年までケンブリッジ大学教授、黒体輻射に関する研究などを行う。
その後研究の中心は天文学に移る。
1923年から1944年までカリフォルニアのウィルソン山天文台などで研究する。
1928年にナイトになる。
引退後一般向け科学書を執筆した。
1905年黒体輻射の波長分布に関するレイリー・ジーンズの法則を発表した。
1906年王立協会フェロー選出、1919年ロイヤル・メダル受賞。
1922年王立天文学会ゴールドメダル受賞。
天文学の分野では星間ガスが重力不安定によって収縮することに関する臨界的な値、ジーンズ波長、ジーンズ質量に名前を残している。