芸能人・経営者のおくやみ情報

村上幸子 氏

演歌歌手[日本]

1990年 7月23日 死去リンパ腫享年31歳

村上 幸子(むらかみ さちこ、本名:鈴木幸子、1958年10月21日 - 1990年7月23日)は新潟県村上市(旧・岩船郡荒川町)出身の演歌歌手。
所属事務所はクラウン音楽芸能→ホリプロダクション。
1979年に『雪の越後を後にして』でクラウンレコードから歌手デビュー。
1984年の「酒場すずめ」が人気を集め、歌唱賞レースに参戦した。
1988年にリリースされた「不如帰(ほととぎす)」を自らの勝負曲と位置づけたが、歌詞の一部が、当時昭和天皇が重体で「時期的にも適切な表現とは言えない」という理由から放送中止(自粛)になったというエピソードを持っている(「不如帰」の歌詞中に「血を吐く…」という形容の表現があり、当時昭和天皇は下血・吐血を繰り返し、危篤と小康状態を往復していたため、このことを気遣った放送局は同曲の放送を自粛した)。

1958年〜1990年 演歌歌手。新潟県出身。 1979年に「雪の越後を後にして」でデビュー。 1988年の「不如帰(ほととぎす)」がヒットし、紅白歌合戦への出場も内定していたが、歌詞に「血を吐く…」という表現があり、当時昭和天皇が闘病中であったため、このことを気遣った各放送局が「不如帰」の放送を、不条理にも自主規制してしまった。 そのため、その年の紅白歌合戦への出場はならず、その後、急性リンパ腫により、1990年7月23日、わずか31歳で死去した。 (引用元 Hatena Keyword)