芸能人・経営者のおくやみ情報

石ノ森章太郎 氏

漫画[日本]

1998年 1月28日 死去リンパ腫享年60歳

石ノ森章太郎 - ウィキペディアより引用

石ノ森 章太郎(いしのもり しょうたろう、1938年〈昭和13年〉1月25日 - 1998年〈平成10年〉1月28日)は、日本の漫画家、特撮作品原作者。
本名、小野寺 章太郎(おのでら しょうたろう)。
1984年までは石森 章太郎の表記を用いたが、この時期には「いしもり〜」と呼ばれるのが通例だった。
SF漫画から学習漫画まで幅広い分野で作品を量産し「漫画の王様」、「漫画の帝王」と評された。
昭和3,40年代、マンガの世界で新しい手法の開発者としてとくに目立った存在であり、多様な分野と作風の中でもとくにSFマンガで他への影響が手塚治虫と並んで大きかった。
昭和40年代始め頃にはマンガの王様と呼ばれていた。
仮面ライダーシリーズ以降は特撮へと存在感が移っていった。
代表作は『サイボーグ009』、『009ノ1』、『リュウの道』、『ジュン』、『佐武と市捕物控』、『さるとびエッちゃん』、『ロボット刑事』、『マンガ日本経済入門』、『HOTEL』など。

萬画家(漫画家)。1938-1998。 本名は小野寺章太郎。 1954年にペンネーム「石森章太郎」でデビュー。1985年に画業30周年を期として「石ノ森」に改名した。(もともと「石森」は出身地「宮城県石森町」から取っていて「いしのもり」と読ませる予定であったが、読み方が「いしもり」で定着してしまっていたという理由もある)。 トキワ荘メンバーの一人。 「二級天使」でデビュー後、若くしてヒットメーカーとなる。ギャグ漫画からストーリー漫画、児童漫画・少年漫画・少女漫画・青年漫画まで、様々なジャンルを手がける。実験的な表現方法なども多く試し、後進の漫画家に大きな影響を残した。漫画家志望者の為に書かれた著書「マンガ家入門」も有名。 「仮面ライダー」を始めとした、テレビの実写特撮作品の原作者としても有名。単なる漫画の映像化ではなく、企画に従ってストーリーや設定やキャラクターデザインなどを提供し、それを元に自らオリジナルの漫画作品も執筆、他雑誌には他漫画家によるテレビ放映作品の漫画化も掲載させるという、現在のメディアミックスの先駆けとも言える存在であった。 1989年に、漫画(まんが・マンガ・劇画・コミック)は「風刺・笑い・滑稽の内容を持った絵」という辞書的な意味を超えたメディアであるとして、新たな呼び名「萬画(まんが)」を提唱した「萬画宣言」を発表。 萬画は万画(よろずが)です。全ゆる事象を表現できるからです。 萬画は万人の嗜好に合う(愛される親しみやすい)メディアです。 萬画は一から万(無限大の意も含む)の駒による表現です。 従って …… (引用元 Hatena Keyword)