芸能人・経営者のおくやみ情報

ギヨーム・アポリネールGuillaume Apollinaire

詩人作家[フランス]

1918年 11月9日 死去スペイン風邪享年39歳

ギヨーム・アポリネール - ウィキペディアより引用
ギヨーム・アポリネール(Guillaume Apollinaire, 1880年8月26日 - 1918年11月9日)は、イタリア出身のポーランド人の詩人、小説家、美術批評家。
本名ヴィルヘルム・アポリナリス・コストロヴィツキ(Wilhelm (Albert Vladimir) Apollinaris de Kostrowitzky / Wiliam (Albert Włodzimierz) Apolinary Kostrowicki)。
印象派批判主義「キュビスム」の先導者の1人。
主な作品に『ミラボー橋』がある。
"シュルレアリスム"という語は彼の作品から生まれた。
生涯 ローマにて出生。
母はナヴァフルダク近郊出身のシュラフタ(szlachta: ポーランドの貴族)。
父の素性は不明であるが、アポリネールの幼少期に姿を消したスイス系イタリア人貴族、フランチェスコ・フルージ(Francesco Flugi d'Aspermont)であるとみられる。

「ギヨーム・アポリネール」と関連する人物(故人)