芸能人・経営者のおくやみ情報

クロード・ドビュッシーClaude Achille Debussy

作曲家[フランス]

1918年 3月25日 死去直腸がん享年57歳

クロード・ドビュッシー - ウィキペディアより引用

クロード・アシル・ドビュッシー(Claude Achille Debussy, 1862年8月22日 - 1918年3月25日)は、フランスの作曲家。
長音階・短音階以外の旋法と、機能和声にとらわれない自由な和声法などとを用いて独自の作曲を実行した。
ドビュッシーの音楽は、代表作『海』や『夜想曲』などにみられる特徴的な作曲技法から、「印象主義音楽(印象派)」と称されることもある。
またテクスト(詞)やテーマの選択は象徴派(象徴主義)からの影響が色濃いと目されることもあるのだという。
なお、名前は生後1890年(23歳)まで「アシル=クロード」、1890年(23歳)から「クロード=アシル」である。
生涯 幼少期 1862年8月22日午前4時半、イヴリーヌ県のサン・ジェルマン=アン=レーのパン通り38番地に「アシル=クロード・ドビュッシー」として生まれた。
父親のマニュエル・アシル・ドビュッシーは陶器店を経営し、母親のヴィクトリーヌ・マヌリ・ドビュッシーは裁縫師であった。

Claude Debussy(1862年8月22日〜1918年3月25日) フランスの作曲家、音楽評論家。 1862年、パリ郊外サン=ジェルマン=アン=レ生。本名Claude Achille Debussy。1918年パリ没。 全音階、五声音階などを駆使し、長短調の枠を脱して色彩感あふれる作品を生み、印象派音楽の先駆と称される。 1871年:ショパンの弟子であったモーテ・ド・フルールヴィユ夫人に入門。 1872年:コンセルヴァトワール(パリ音楽院)入学。 1880年:ロシア訪問、フォン・メック夫人の家庭教師も務める。ムソルグスキーの音楽に影響される。 1884年:カンタータ「放蕩息子」でローマ大賞を受賞。翌年からイタリア滞在。リスト、ヴェルディ等と交友する。 1887年:イタリア留学を切り上げてパリに帰る。 1888年:バイロイト音楽祭に参加し、ワーグナーの影響を受ける(翌年も参加)。 1889年:パリ万国博覧会。ジャポニズムやインドネシア音楽の潮流に触れる。 1891年:「二つのアラベスク」作曲。 1894年:「牧神の午後への前奏曲」作曲。 1899年:ロザリー・テクシエと結婚。 1902年:歌劇《ペレアスとメリザンド》をパリのオペラ・コミークで初演。 1905年:交響詩「海」、ピアノ曲「映像」作曲。ロザリーと離婚し歌手エマ・バルダック?と再婚。娘(クロード=エマ?)誕生。 1910年:「前奏曲集第1集」発表。癌発症。 1918年:直腸癌のため死去。 1919年:娘クロード=エマ?死去。 (引用元 Hatena Keyword)