芸能人・経営者のおくやみ情報

武邦彦 氏(たけくにひこ)

競馬騎手、調教師[日本]

2016年 8月12日 死去病気享年79歳

武邦彦 - ウィキペディアより引用

武 邦彦 (たけ くにひこ、1938年10月20日 - ) は、日本中央競馬会 (JRA) にかつて所属した騎手、調教師で、現在は競馬評論家。
騎手時代は1960年代から1980年代にかけて第一線で活躍し、関西所属騎手として初の通算1000勝を記録した。
通算7679戦1163勝、うち八大競走8勝を含む重賞80勝。
「名人」、「ターフの魔術師」等の異名を取り、関係者やファンの間では「タケクニ」、「邦ちゃん」の愛称で親しまれた。
調教師としても1989-1990年度JRA賞最優秀スプリンターのバンブーメモリー、1999年度同最優秀3歳 (現2歳) 牡馬のメジロベイリーなどを管理した。
2009年に70歳定年制により調教師も引退。
以後評論家として活動している。
中央競馬の通算最多勝記録を保持する騎手の武豊は三男、同じくJRA騎手の武幸四郎は四男である。
義娘 (豊の妻) に佐野量子がいる。
※親族と区別するため、文中では「邦彦」と名前で表記する。
1938年、函館市郊外の園田牧場に生まれる。
近郊で屈指の名家の出身であり、父・芳彦は北海道馬主協会の重鎮、祖父の彦七は日本近代馬術の祖・函館大経の直弟子として多くの騎手、調教師を育てた馬術家である。

元JRA調教師。元騎手。競馬評論家。 JRA騎手武豊は三男、武幸四郎は四男にあたる。 1938年10月20日、生まれ。北海道函館市出身(本籍は京都府)。叔父の調教師武平三?の元で騎手見習いとなり1957年に初騎乗。ロングエースで日本ダービー、キタノカチドキで皐月賞、菊花賞、トウショウボーイで有馬記念と宝塚記念を制し現役騎手時代は「ターフの魔術師」の異名を取った。JRA通算1163勝(うち障害22勝)、重賞80勝の成績で1985年に騎手を引退。1985年に調教師免許を取得し1987年に厩舎を開業。武豊騎乗のバンブーメモリーでスプリンターズS、武幸四郎騎乗のオースミタイクーンでマイラーズCを制している。通算成績はJRA4193戦375勝。JRA重賞は18勝(うちGI級競走は3勝)。2009年2月28日に調教師を定年引退した。 2016年8月12日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)