芸能人・経営者のおくやみ情報

アントニオ・サリエリAntonio Salieri

作曲家[イタリア]

1825年 5月7日 死去享年76歳

アントニオ・サリエリ - ウィキペディアより引用

アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri [anˈtɔːnjo saˈljɛːri]、1750年8月18日 - 1825年5月7日)はイタリアのレニャーゴ生まれの作曲家。
生前は神聖ローマ皇帝・オーストリア皇帝に仕えるカペルマイスター(宮廷楽長)としてヨーロッパ楽壇の頂点に立つ人物であり、またベートーヴェン、シューベルト、リストらを育てた名教育家でもあった。
死後はその名と作品を忘れられたが、戯曲『アマデウス』(1979年)およびその映画版(1984年)の主人公として取り上げられたため、知名度が上昇。
2003年に大メゾソプラノ歌手チェチーリア・バルトリがアルバムを出すなど、21世紀に入ってからは音楽家としての再評価の動きもあり、2009年からは生地レニャーゴでサリエリ・オペラ音楽祭が毎年開催されている。
生涯 幼少のころからチェンバロ、声楽、ヴァイオリンの音楽教育を受け、類稀な才能を顕わした。
両親が死去した後、北イタリアのパドヴァ、ヴェネツィアに住み、1766年にフローリアン・レオポルト・ガスマンとともにウィーンの宮廷へと招かれた。

「アントニオ・サリエリ」と関連する人物(故人)