芸能人・経営者のおくやみ情報

ピウス7世Pius VII

ローマ教皇[イタリア]

1823年 8月20日 死去享年82歳

ピウス7世 - ウィキペディアより引用

『ピウス7世 (ローマ教皇)』より : ピウス7世(Pius VII、1742年8月14日 - 1823年8月20日)は第251代ローマ教皇(在位:1800年3月14日-1823年8月20日)、カトリック教会の司祭。
本名、ジョルジョ・バルナバ・ルイジ・キアラモンティ(Giorgio Barnaba Luigi Chiaramonti)。
ナポレオンと激しく対立して幽閉されるも、結果的に欧州外交界において教皇庁の地位を高めることになった。
生涯 ルイジ・キアラモンティは1742年にイタリアのチェゼーナで貴族の家に生まれた。
ラヴェンナで学び、1756年にベネディクト会に入会した。
彼は同郷の友人であったジョヴァンニ・ブラスキが教皇職につくための援助を惜しまず、その功によって教皇ピウス6世となったブラスキからローマのサン・カリスト修道院院長、司教、そして枢機卿に任命された。
1799年にピウス6世が没したため、コンクラーヴェが行われた。
三ヶ月にわたって紛糾した選挙の末に選ばれたのはキアラモンティであり、彼は友人であった前任者の名前を引き継いでピウス7世を名乗った。

ピウスななせいPiusVII [生]1742.8.14.チェゼナー[没]1823.8.20.ローマ教皇(在位1800~23)。本名BarnabaGregorioChiaramonti。1758年ベネディクト会入会。82年にはチボリ司教。85年イモラ司教,枢機卿。フランス軍占領下に登位し,1801年譲歩して結んだ政教条約でフランスでの教会再興をかちえた。ナポレオンの皇帝即位後,関係は悪化し,09年教皇領はフランスへ完全に併合,教皇は捕囚となった。ナポレオン没落後,14年ローマに帰還し,ウィーン会議では教皇領のほとんどを回復。14年イエズス会を復興させた。 (引用元 コトバンク)