訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジャン=バティスト・ラマルクJean-Baptiste Pierre Antoine de Monet

博物学者[フランス]

1829年 12月28日 死去享年86歳

ジャン=バティスト・ラマルク - ウィキペディアより引用
ジャン=バティスト・ピエール・アントワーヌ・ド・モネ、シュヴァリエ・ド・ラマルク(Jean-Baptiste Pierre Antoine de Monet, Chevalier de Lamarck, 1744年8月1日 - 1829年12月28日)は、ブルボン朝から復古王政にかけての19世紀の著名な博物学者であり、biology(生物学)という語を、現代の意味で初めて使った人物の一人である。
ラマルクは貧しい下級貴族の家に生まれ、従軍の後に博物学に関心を持ち、フランスの植物相に関する多数の著書を著した。
これによって、ビュフォンの関心を引き、フランス自然誌博物館の職に就く事になった。
1789年、フランス革命が起きた際に彼はこれを熱烈に歓迎し、貴族の称号を破り捨てたりした(終生革命の意義を擁護したことから後世の革命思想家に大きな影響を与えた)。
1799年にフランスの科学アカデミーの会員となり、1793年に自然史博物館に入って昆虫などの研究しているうちに無脊椎動物の専門家になった。

↑ PAGE TOP