芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョン・ドライデンJohn Dryden

詩人、文芸評論家[イギリス]

1700年 5月12日 死去享年70歳

ジョン・ドライデン - ウィキペディアより引用
ジョン・ドライデン(John Dryden、1631年8月9日 - 1700年5月12日)は、イングランドの詩人、文芸評論家、劇作家。
王政復古時代のイングランド文学を支配し、その時代が「ドライデンの時代」として知られるほど影響力の大きい人物であった。
前半生 ドライデンは、ノーサンプトンシャー州オーンドル(Oundle)近郊のオールドウィンクル(Aldwinkle)村の、祖父が諸聖司祭を務めていた牧師館で生まれた。
ジョンは、ピューリタン運動と議会を支援するピューリタンのジェントリであったエラズマスとメアリーのドライデン夫妻の間に生まれた14人兄弟の長男であった。
ドライデンは少年時代を近くのティッチマーシュ(Titchmarsh)村で過ごし、この地で初等教育も受けたようである。
1644年に彼は王室奨学金学生(King's Scholar)としてウェストミンスター校に入学した。
当時の校長は、カリスマ派の教師で非常に厳格な人物でもあったリチャード・バスビー博士であった。
エリザベス1世によって再建されて間もない当時のウェストミンスター校は、王室主義やイングランド教会主義を奨励する様々な宗教的・政治的精神を内包していたが、ドライデンと同時代のジョン・ロックの穏やかな影響はまだ取り込まれていなかった。