芸能人・経営者のおくやみ情報

千代の富士貢 氏(ちよのふじみつぐ)

相撲力士・第58代横綱、九重親方[日本]

2016年 7月31日 死去膵臓がん享年62歳

千代の富士貢 - 相撲力士・第58代横綱、九重親方

千代の富士 貢(ちよのふじ みつぐ、1955年6月1日 - )は、北海道松前郡福島町出身の元大相撲力士。
第58代横綱。
本名は秋元 貢(あきもと みつぐ)。
血液型はA型。
誕生〜入門前 1955年に北海道松前郡福島町で漁師を営む家に生まれた。
子供の頃から漁業を手伝って自然に足腰が鍛えられ、中学生では運動神経が抜群だった。
特に陸上競技では走り高跳び・三段跳びの地方大会で優勝し、「オリンピック選手もいける」と言われるほどだったが、相撲は大嫌いだった。
1年生のときに盲腸炎の手術を受けたが、秋元少年の腹の筋肉が厚いために手こずって予定を大幅に上回る長時間の手術になってしまい、終了直前に麻酔が切れてしまった。
それでも必死に耐え続ける体格の良い秋元少年を見た病院長が見出し、千代の山の入門の世話をしたことがある若狭龍太郎に連絡した。
その連絡を受けた九重(千代の山)から直々に勧誘されたが、自身はあまり気が乗らず、両親も入門に大反対したため一旦は断わっていた。

ちよのふじみつぐ [生]1955.6.1.北海道,福島[没]2016.7.31.東京,文京第58代横綱。本名秋元貢。同郷の横綱千代の山の九重親方にスカウトされて入門。1970年9月初土俵。持病ともいうべき肩の脱臼に悩まされ,十両と幕内を往復していたが,ウエイトトレーニングによる筋肉づくりでそれを克服。1979年3月の3度目の入幕から,前まわしを取って一気に寄り切る速攻相撲を身につけ急激に強くなった。1981年初場所で初優勝を飾り大関に昇進し,名古屋場所後,横綱に昇進。1988年には双葉山(双葉山定次)の69連勝に次ぐ53連勝を記録。1989年9月国民栄誉賞を受賞。1990年春場所で史上初の通算1000勝を達成。1991年5月14日,夏場所途中で引退。優勝31回(全勝7回)。通算1045勝。年寄九重を襲名。日本相撲協会の理事を務めた。(→相撲) (引用元 コトバンク)