芸能人・経営者のおくやみ情報

近藤富枝 氏(こんどうとみえ)

作家エッセイスト[日本]

2016年 7月24日 死去老衰享年95歳

近藤 富枝(こんどう とみえ、1922年8月19日 - )は、日本の作家、エッセイスト。
旧名:水島富枝。
夫は軍事史研究家の土門周平。
東京府東京市日本橋区矢ノ倉町(現在の東京都中央区東日本橋一丁目)の袋物問屋に生まれる。
1929年に、父の破産で一家離散となり、一人で父方の祖父母の家にひきとられ、東京市田端で育つ。
祖父・水島辨治郎は、日本橋の金襖問屋・増見屋の8代目水島三右衛門の次男だった。
東洋女学校卒業。
東京女子大学国語専攻部に在学中に演劇に熱中し、1942年新劇団「芸術小劇場」(北村喜八・村瀬幸子が主催)の研究生、のち文学座の研究生となる。
1943年に大学卒業後、文部省教学局国語課勤務。
1944年から、日本放送協会でアナウンサーとして1年余勤務。
1946年、田端での隣人で、元軍人の近藤新治(のち、軍事史研究家となり筆名土門周平となる)と結婚。
以後約20年の主婦生活をおくる。
1963年「週刊朝日」のルポに『私の八月十五日』が特選となるなど、各雑誌に入選多数で、主婦の友社の専属ルポライターとなり、文筆業に入る。

こんどう-とみえ 1922-昭和後期-平成時代の文芸評論家,ノンフィクション作家。大正11年8月19日生まれ。NHKアナウンサーをへて家庭にはいる。昭和43年「永井荷風文がたみ」(編著)を発表,「本郷菊富士ホテル」「田端文士村」など文壇史ものをあらわす。昭和61年武蔵野女子大(現武蔵野大)教授。東京出身。東京女子大卒。著作はほかに「老いのくり言、笑うなかれ」「文士のきもの」など。 (引用元 コトバンク)

「近藤富枝」と関連する人物(故人)