芸能人・経営者のおくやみ情報

エリック・ホッファー 氏Eric Hoffer

哲学者[アメリカ]

1983年 5月20日 死去老衰享年82歳

エリック・ホッファー(Eric Hoffer, 1902年7月25日 - 1983年5月20日)は、アメリカの独学の社会哲学者。
ドイツ系移民の子としてニューヨークのブロンクスに生まれる。
7歳にして母親と死別し、同年視力を失う。
その後、15歳で奇跡的に視力を回復する。
以来、再びの失明の恐怖から、貪るように読書に励んだという。
しかし正規の学校教育は一切受けていない。
18歳の頃、唯一の肉親である父親が逝去し、天涯孤独の身となった。
それを機にロサンゼルスの貧民窟でその日暮らしの生活を始める。
28歳の時、多量のシュウ酸を飲み自殺を試みるが未遂に終わる。
それをきっかけにロサンゼルスを去り、カリフォルニアで季節労働者として農園を渡り歩いた。
労働の合間に図書館へ通い、大学レベルの物理学と数学をマスターする。
農園の生活を通して興味は植物学へと向き、農園をやめてまで植物学の勉強に没頭し、またも独学でマスターすることになる。
ある日、勤務先のレストランでカリフォルニア大学バークレー校の柑橘類研究所所長のスティルトン教授と出会い、給仕の合間に彼が頭を悩ませていたドイツ語で書かれた植物学の文献を翻訳した。

アメリカの社会哲学者・港湾労働者。 1902年7月25日、ニューヨークのブロンクスにドイツ系移民の子として生まれる。7歳のとき失明し、15歳のとき突然視力が回復。正規の学校教育を一切受けていない。 18歳で天涯孤独になった後、ロサンゼルスに渡り、さまざまな職を転々とする。28歳のとき自殺未遂を機に季節労働者となり、10年間カリフォルニア州各地を渡り歩く。41年から67年までサンフランシスコで港湾労働者として働きながら、51年にThe True Believerを発表し、著作活動に入る。この間、64年から72年までカリフォルニア大学バークレー校で政治学を講じる。つねに社会の底辺に身を置き、働きながら読書と思索を続け、独自の思想を築き上げた“沖仲仕の哲学者”として知られている。 83年5月21日、死去。アメリカ大統領自由勲章受章。 (引用元 Hatena Keyword)

「エリック・ホッファー」と関連する人物(故人)