芸能人・経営者のおくやみ情報

フェルディナント・バイエルFerdinand Beyer

作曲家ピアニスト[ドイツ]

1863年 5月14日 死去享年61歳

フェルディナント・バイエル - ウィキペディアより引用

フェルディナント・バイエル(Ferdinand Beyer, 1806年7月25日 - 1863年5月14日)は、ドイツの作曲家、ピアニスト。
彼の著した「ピアノ奏法入門書」、いわゆるバイエルピアノ教則本は、ピアノを学ぶ者に最適な入門書として長く親しまれている。
なお、「フェルディナント・バイエル」は舞台ドイツ語の発音を元にした表記で、現在のドイツ語では「フェアディナント・バイアー」のように発音される。
クヴェアフルト(ハレ近郊)の出身。
19世紀当時の「軽音楽作曲家・編曲家」であり、バイエル教則本以外に幻想曲・ディヴェルティメントなども作曲したほか、「日本の船乗りの歌(Japanesisches Schifferlied)」など60曲以上の愛国歌などをピアノ曲に編曲した。
「愛国歌」の目録は当時の雑誌『ホーフマイスター』に記載されているものの、1982年現在、楽譜のほとんどが残っていないともいわれている。
作曲活動は経済的な成功をおさめ、バイエルの死後も「愛国歌」シリーズが発売されるなど、バイエルの名前は、いわば当時の「トレードマーク」となっていた。