訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アイザック・スターン 氏Isaac Stern

バイオリン奏者[ウクライナ→アメリカ]

2001年 9月22日 死去心不全享年82歳

アイザック・スターン - ウィキペディアより引用
アイザック・スターン(Isaac Stern, 1920年7月21日 - 2001年9月22日)はユダヤ系のヴァイオリニストである。
生涯 アイザック・スターンはウクライナ語名イサーク・ステルン(Исаак Стерн)としてウクライナのクレメネツに生まれるが、1歳2ヶ月のとき、家族に連れられサンフランシスコに移住する。
母親から音楽の早期教育を受け、早くも1928年でサンフランシスコ音楽院に入学、ヴァイオリンをナフム・ブリンダーに学ぶ。
1936年2月18日にサン=サーンスのヴァイオリン協奏曲第3番を、モントゥ指揮のサンフランシスコ交響楽団と共演して、デビューを果たす。
初演後、初演者と作曲者の恋愛関係から演奏される事のなかったバルトークのヴァイオリン協奏曲第1番を初演者の依頼によって再演奏し、世界に知らせた。
戦後間も無い時期から度々日本を訪れる。
小澤征爾などの日本人演奏家と親交を持っていた。
1979年に中国政府に招かれ、演奏旅行のかたわら、中国各地でヴァイオリンの指導を行う。
その模様はフィルムに収録され、『毛沢東からモーツァルトへ(From Mao to Mozart)』と題されたドキュメンタリーは、翌年のアカデミー賞ベスト・ドキュメンタリー部門でオスカーに輝いた。