訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

エドワード・ピッカリングEdward Charles Pickering

文学者[アメリカ]

1919年 2月3日 死去享年74歳

エドワード・ピッカリング - ウィキペディアより引用
エドワード・ピッカリング (Edward Charles Pickering 、1846年6月19日 - 1919年2月3日)は、アメリカ合衆国の天文学者である。
天文学者・ウィリアム・ヘンリー・ピッカリングの兄である。
ヘルマン・カール・フォーゲルとともに、ピッカリングは最初の分光連星を発見した。
ハーバード大学天文台の所長として、写真技術を用いて、多くの天体のデータを集めて多くの重要な発見を行なった。
写真データの解析に多くの女性を雇い、それらの女性の中にはアニー・ジャンプ・キャノン、ヘンリエッタ・リービット、アントニア・モーリ、ウィリアミーナ・フレミングといった、後に天文学上の業績を挙げることになる女性も多く含まれていた。
賞・叙勲等 賞 イギリス王立天文学会ゴールドメダル(1886年と1901年) ヘンリー・ドレーパー・メダル (1888年) ブルース・メダル (1908年) 命名 ピッカリング兄弟の名を記念している。

↑ PAGE TOP