芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャン=バティスト・カミーユ・コローJean-Baptiste Camille Corot

画家[フランス]

1875年 2月22日 死去享年80歳

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー - ウィキペディアより引用

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(Jean-Baptiste Camille Corot、1796年7月17日 - 1875年2月22日)は、19世紀のフランスの画家。
概論 19世紀の4分の3を生き、次世代の印象派との橋渡しをした画家である。
詩情あふれる森や湖の風景画で知られるが、『真珠の女』のような人物画にも傑作がある。
1825年から計3度イタリアへ旅行し、イタリア絵画の明るい光と色彩にも影響を受けている。
理想化された風景でなく、イタリアやフランス各地のありふれた風景を詩情ゆたかに描き出す手法はのちの印象派の画家たちにも影響を与えた。
生涯 1796年、パリの裕福な織物商人の子として生まれる。
学生時代はルーアン(ノルマンディー地方)及びポワシー(パリ近郊)の寄宿学校で学んだ。
コローは、画家になることを反対していた父親にしたがい、いったんは商人としての修業をするが、1822年、26歳の時、ようやく父の許しを得て画家を志し、当時のアカデミックな風景画家アシール=エトナ・ミシャロン(1796年 - 1822年)やジャン=ヴィクトール・ベルタン(1767年 - 1842年)に師事する。

画家。 Jean-Baptiste Camille Corot 1796年7月17日、生まれ。1875年2月22日、死去。 バルビゾン派を代表するフランスの芸術家の一人。 パリの洋服店に生まれ、両親の意志により一度は服地商で修業するが適さず、幼い頃から得意としていた絵画制作の道に入る。 画家になることを父親に認められ、当時のアカデミーの大家、ミシャロンのもとに弟子入りしたのは、26歳のときであった。ここで自然を注意深く観察し忠実に表現することを学び、コロー芸術の基礎を築いた。 ミシャロンの死後、続いてベルタンのもとで学んだ。 彼はイル・ド・フランスの自然現象の微妙な変化を巧みに捉え、光や空気、葉群などに優れた表現を見せていたが、1826年、1年間のイタリア滞在から帰ると、そこに明瞭な構成力が加わった。 1827年に初めてサロンに入選してからは、作品がフランス政府の買い上げになるなど成功の道を歩んだ。しばしばニンフや田舎娘たちの姿が描きこまれる、銀灰色と緑の調和した森や水辺の風景は詩情に溢れ、当時の美術愛好家たちの間で特に人気を博した。バルビゾン派の画家をはじめ多くの若い画家たちに敬慕され、19世紀の自然主義、写実主義、印象派の流れの中に大きく位置づけられる。 関連 → 西洋美術史 (引用元 Hatena Keyword)

「ジャン=バティスト・カミーユ・コロー」と関連する人物(故人)