芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャン=バティスト・カミーユ・コローJean-Baptiste Camille Corot

画家[フランス]

1875年 2月22日 死去享年80歳

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー - ウィキペディアより引用
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(Jean-Baptiste Camille Corot、1796年7月17日 - 1875年2月22日)は、19世紀のフランスの画家。
概論 19世紀の4分の3を生き、次世代の印象派との橋渡しをした画家である。
詩情あふれる森や湖の風景画で知られるが、『真珠の女』のような人物画にも傑作がある。
1825年から計3度イタリアへ旅行し、イタリア絵画の明るい光と色彩にも影響を受けている。
理想化された風景でなく、イタリアやフランス各地のありふれた風景を詩情ゆたかに描き出す手法はのちの印象派の画家たちにも影響を与えた。
生涯 1796年、パリの裕福な織物商人の子として生まれる。
学生時代はルーアン(ノルマンディー地方)及びポワシー(パリ近郊)の寄宿学校で学んだ。
コローは、画家になることを反対していた父親にしたがい、いったんは商人としての修業をするが、1822年、26歳の時、ようやく父の許しを得て画家を志し、当時のアカデミックな風景画家アシール=エトナ・ミシャロン(1796年 - 1822年)やジャン=ヴィクトール・ベルタン(1767年 - 1842年)に師事する。

「ジャン=バティスト・カミーユ・コロー」と関連する人物(故人)