芸能人・経営者のおくやみ情報

出羽錦忠雄 氏(でわにしきただお)

相撲力士[日本]

2005年 1月1日 死去膵臓がん享年81歳

出羽錦忠雄 - ウィキペディアより引用
出羽錦 忠雄(でわにしき ただお、1925年7月15日 - 2005年1月1日)は、東京府南葛飾郡(現:東京都墨田区)出身の元大相撲力士。
本名は奈良崎 忠雄(ならざき ただお)(旧姓:小倉)。
1925年7月15日に東京府南葛飾郡(現:東京都墨田区)で生まれる。
高等小学校1年生の時に両國梶之助から勧誘されたことで出羽海部屋へ入門し、部屋で入門検査を受けて合格したものの、帰宅した時に父親が急逝する悲劇に見舞われた。
これを知った両國梶之助は、小倉少年の父親代わりとして教育することを決めた。
1940年5月場所で初土俵を踏み、最初は番付に名前が掲載されるまで時間を要したが、1944年1月場所で三段目優勝を果たしたほか、同年5月場所では幕下で全勝、全勝優勝は番付上位優勝制度によって果たせなかったが、小倉の活躍は周囲から注目を集めた。
十両昇進を間近に控えたある日、現役兵として高射砲隊へ入隊して体重が激減し、1946年11月場所に復員してようやく新十両昇進を果たした。

「出羽錦忠雄」と関連する人物(故人)