芸能人・経営者のおくやみ情報

レンブラント・ファン・レインRembrandt Harmenszoon van Rijn

画家[オランダ]

1669年 10月4日 死去享年64歳

レンブラント・ファン・レイン - ウィキペディアより引用

レンブラント・ハルメンソーン・ファン・レイン(Rembrandt Harmenszoon van Rijn オランダ語: [ˈrɛmbrɑnt ˈɦɑrmə(n)soːn vɑn ˈrɛin] (13px 聞く)、1606年7月15日 - 1669年10月4日)は、ネーデルラント連邦共和国(オランダ)の画家で、バロック期を代表する画家の1人である。
レンブラント(Rembrandt)の通称で広く知られ、大画面と、光と影の明暗を明確にする技法を得意とした。
レンブラントは、同じオランダのフェルメール、イタリアのカラヴァッジョ、フランドルのルーベンス、スペインのベラスケスなどと共に、バロック絵画を代表する画家の1人である。
また、ヨーロッパ美術史における重要人物の一人である。
「光の画家」「光の魔術師」(または「光と影の画家」「光と影の魔術師」)の異名を持ち、人物画で黒々と描く瞳が特徴で、油彩だけでなく、エッチングや複合技法による銅版画やデッサンでも多くの作品を残した。