訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジャンヌ・エビュテルヌJeanne Hébuterne

画家[フランス]

1920年 1月25日 死去自殺享年23歳

ジャンヌ・エビュテルヌ - ウィキペディアより引用
ジャンヌ・エビュテルヌ(Jeanne Hébuterne, 1898年4月6日 – 1920年1月25日 )はフランスの画家。
アメデオ・モディリアーニのお気に入りのモデルであり、内縁の妻であった。
生涯 生い立ちと出逢い パリに生まれる。
父アシル・カジミールは、ボン・マルシェ百貨店に勤めていた。
画家を志していた兄アンドレによって、モンパルナスの芸術家村に連れて行かれ、当時は画家の卵として苦闘中の藤田嗣治のモデルになった。
しかしながら彼女自身も画才を発揮し、美術界に入ることを望んだため、アカデミー・コラロッシに入塾することになった。
そこで1917年の春に、当時は美術学校のモデルを務めていたウクライナ出身の女性彫刻家、ハナ・オルロフ(Chana Orlov またはハナ・オルロワ(ロシア語: Хана Орлова), 1888年~1968年)によってモディリアーニを紹介される。
題名
モディリアーニ画集: 悲劇の青春 世界の絵画
著者
発売元
World Art Communications
発売日
2015-08-22
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP