芸能人・経営者のおくやみ情報

山形勲 氏

俳優[日本]

1996年 6月28日 死去結核享年80歳

山形 勲(やまがた いさお、本名:塙 勲(はなわ いさお)、1915年7月25日 - 1996年6月28日)は、日本の俳優。
来歴・人物 イギリス・ロンドン生まれ。
東京市麻布区市兵衛町(現在の東京都港区六本木)出身。
父親の山形巌は1881年大阪生まれ。
少年時代にサーカス団員となり、1917年の帰国まではヨーロッパ各国で軽業師をしていた。
1935年に日本俳優学校を卒業。
兵役を経て1936年に東宝劇団に入団した。
1942年、佐々木隆、鈴木光枝、山村聰らと劇団文化座を結成。
同座には1953年まで在籍した。
1949年、『斬られの仙太』で映画に初出演した。
初めは市川崑の監督作品や黒澤明監督の『七人の侍』などに出演していたが、しだいに悪役として注目され、その後は東映時代劇に多く出演、品のある悪役として活躍した。
時代劇のほか、現代劇でも活躍しており、大学教授・会社重役・高級官僚などの役を演じることが多かった。
1976年公開の山崎豊子原作の映画『不毛地帯』(山本薩夫監督)では仲代達矢演じる主人公・壱岐正を招き入れる近畿商事の大門一三社長を演じている。

やまがた-いさお 1915-1996昭和-平成時代の俳優。大正4年7月25日ロンドン生まれ。日本俳優学校を卒業し,昭和11年東宝劇団に入団。17年山村聡らと文化座を結成。24年「斬られの仙太」で映画に初出演し,「地獄門」「叛乱」「浮雲」などのほか,「旗本退屈男」シリーズ,「大菩薩峠」など東映時代劇で敵役,悪役を演じた。テレビ出演もおおい。平成8年6月28日死去。80歳。本名は塙(はなわ)勲。 (引用元 コトバンク)