芸能人・経営者のおくやみ情報

永六輔 氏(えいろくすけ)

タレント、放送作家作詞家[日本]

2016年 7月7日 死去肺炎享年84歳

永六輔 - タレント、放送作家、作詞家

永 六輔(えい ろくすけ、1933年(昭和8年)4月10日 - )は、日本の元放送作家、作詞家で、現在はラジオ番組パーソナリティ、タレント、随筆家である。
本名、永 孝雄(えい たかお)。
角刈り頭と細長い顔がトレードマーク。
長女の永千絵は映画エッセイスト、次女の永麻理は元フジテレビアナウンサー(現在はフリー)、麻理の長男で孫の育乃介は俳優。
藤本義一とは遠戚である。
1933年(昭和8年)、代々東京・元浅草の最尊寺の住職を勤めていた永家の息子として生を受けた。
江戸時代初期に渡来した中国の学僧を先祖に持つ在日外国人17代目と自称。
父や祖父は永という姓を「ヨン」と名乗っていた。
東京・下谷区(現在の台東区)の国民学校に通っていた1944年(昭和19年)、学童疎開により長野県北佐久郡南大井村(現在の小諸市)の国民学校に転校し、そこで終戦を迎えた。
1946年に長野県立上田中学校(旧制)に入学するが翌年東京へ帰り早稲田中学校(旧制)に2年編入で転校。
この間同校が学制改革により新制の早稲田中学校・高等学校となったため3年で高等学校に昇級進学して卒業する。

1933年4月10日生まれ、東京都台東区出身。 放送タレント、エッセイスト、作詞家など幅広い分野で活躍している。中学生の頃からNHKラジオでコントを投稿し始め、早大時代にテレビ・ラジオの構成作家となる。TBSラジオの「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界(通称・永六輔の土曜ワイド)」のパーソナリティーを25年にわたって担当。著書に『大往生』『二度目の大往生』(以上、ふたつとも岩波新書)など。 江戸笑芸の啓蒙者であり、吉本興業を嫌っている。 2016年7月7日死去。 (引用元 Hatena Keyword)