芸能人・経営者のおくやみ情報

里村紹巴(さとむらじょうは)

連歌師[日本]

(慶長7年4月14日没)

1602年 6月2日 死去享年78歳

里村紹巴 - ウィキペディアより引用

里村 紹巴(さとむら じょうは、大永5年(1525年) - 慶長7年4月14日(1602年6月2日))は、戦国時代の連歌師。
里村姓は後世の呼称であり、本姓は松井氏ともいわれる。
号は臨江斎・宝珠庵。
奈良の生れ。
長男に里村玄仍、次男に里村玄仲、娘婿に里村昌叱。
連歌を周桂(しゅうけい)に学び、周桂の死後、里村昌休(しょうきゅう)につき、のち里村家を継いだ。
その後公家の三条西公条をはじめ、織田信長・明智光秀・豊臣秀吉・三好長慶・細川幽斎・島津義久・最上義光など多数の武将とも交流を持ち、天正10年(1582年)、明智光秀が行った「愛宕百韻」に参加したことは有名である。
本能寺の変後には豊臣秀吉に疑われるも難を逃れた。
40歳のとき宗養の死で連歌界の第一人者となるが、文禄4年(1595年)の豊臣秀次事件に連座して近江国園城寺(三井寺)の前に蟄居させられた。
連歌の円滑な進行を重んじ連歌論書『連歌至宝抄』を著したほか、式目書・式目辞典・古典注釈書などの著作も多く、『源氏物語』の注釈書『紹巴抄』、『狭衣物語』の注釈書『下紐』などが現存している。

「里村紹巴」と関連する人物(故人)