芸能人・経営者のおくやみ情報

ピョートル・カピッツァ 氏Pyotr Leonidovich Kapitsa

物理学者[ソ連]

1984年 4月8日 死去享年91歳

ピョートル・カピッツァ - ウィキペディアより引用

ピョートル・カピッツァ(Pyotr Leonidovich Kapitsa、ロシア語表記:Пётр Леонидович Капица、1894年6月26日(ユリウス暦)/7月9日(グレゴリオ暦) – 1984年4月8日) はロシアの物理学者である。
1978年に低温物理学における基礎的発明および諸発見によりノーベル物理学賞を受賞した。
クロンシュタットに生まれた。
サンクトペテルブルクで、アブラム・ヨッフェに学び、1921年から1934年までイギリスのキャベンディッシュ研究所などで、アーネスト・ラザフォードのもとで研究した。
1923年に学位を得、実験物理学者として高い評価を得るようになった。
1934年に休暇でソビエトに帰ったカピッツァをスターリンは出国を許さず、彼のための研究所を設立させた。
ラザフォードは、カピッツァが使うことになっていた実験設備をケンブリッジからモスクワまで送った。
1937年 ヘリウム4を液化し、超流動性を示すことを発見した。
1939年膨張タービンを 使う気体液化装置を発明し、ソビエト重工業の発展に貢献し、そのためソビエト首脳に対して自由な発言の立場を得た。