芸能人・経営者のおくやみ情報

近江俊郎 氏(おうみとしろう)

歌手作曲家映画監督[日本]

1992年 7月5日 死去肝不全享年75歳

近江俊郎 - ウィキペディアより引用

近江 俊郎(おうみ としろう、1918年7月7日 - 1992年7月5日)は、東京都出身の歌手、作曲家、映画監督である。
本名大蔵 敏彦(おおくら としひこ)。
兄は新東宝、大蔵映画社長を務めた大蔵貢、姉はコロムビア専属歌手となった香取みほ子。
戦前・戦中 正則中学校卒業、武蔵野音楽学校に在学中、教授と進級試験の方法を巡って対立。
1936年(昭和11年)に退学した。
タイヘイレコードから鮫島敏弘の芸名で「辷(すべ)ろよスキー」でレコードデビュー。
ポリドールレコード専属になるまで、マイナーレコードを転々とし、その間に大友博(リーガル)、大久良俊(アサヒ)など改名を重ねるが、ヒットに結びつく作品はなかった。
その間では、特にリーガル専属として活躍した大友博名義でのレコーディングが多く、松平晃の「夕日は落ちて」の替え歌「流浪の涙」やコロムビア本盤から本名で発売された「北京高脚踊り」などが代表作となる。

戦後に活躍した歌手。晩年はテレビの音楽番組やモノマネ番組の審査委員長として活躍した。 東京都出身、1918年7月7日生まれ、1992年7月5日死去、享年73歳。 (引用元 Hatena Keyword)