芸能人・経営者のおくやみ情報

矢頭高雄 氏

プロ野球選手[日本]

2003年 3月9日 死去肝細胞がん享年68歳

矢頭 高雄(やとう たかお、1934年6月25日 - 2003年3月9日)は、日本のプロ野球選手。
ポジションは外野手、三塁手。
来歴・人物 山梨県大月市出身。
都留高校では、1952年の夏の甲子園にエースとして出場。
この時にバッテリーを組んだのは、1歳年下で、後に投手として大阪タイガースに入団し、新人王になった西村一孔であった。
この甲子園では、1回戦で豊田泰光を擁する水戸商に敗れた。
高校卒業後は立教大学へ進学し野手へ転向。
東京六大学リーグでは1953年春季リーグで優勝を経験するが、その後は明大、早大に圧倒され優勝には届かなかった。
4年生時には主将を務めた。
大学同期に東実、1年下に長嶋茂雄、杉浦忠らがいる。
リーグ通算86試合出場、289打数70安打、打率.242。
1957年に大映ユニオンズに入団、1年目から中堅手のレギュラーを獲得する。
しかし大映は翌1958年に毎日オリオンズに吸収合併され、大毎オリオンズとなる。
同年は主に五番打者として活躍、打率.285(ベストテン8位)の好成績を記録した。
翌年から右翼手に回り、1960年にはチームのリーグ初優勝に貢献、ミサイル打線の脇役として活躍した。

50〜60年代のプロ野球選手。 右投右打、ポジションは外野手。背番号は6→7番。 1934年6月25日生まれ。山梨県出身。 大月高校から立教大学を経て1957年、大映ユニオンズに入団。1年目より一軍で活躍。 翌1958年の球団合併により発足された毎日大映オリオンズでも看板選手として、ミサイル打線を支えた。 東京オリオンズ最後の年となった1967年、現役引退。 翌1968年、ロッテオリオンズと変わってコーチに就任。 1974年、大沢啓二に招聘され、日本ハム・ファイターズのコーチに就任。 1984年、休養した植村義信?に代わり、6月27日、6月28日の2試合のみ代理監督を務める。 退団後、株式会社山元の専務となる。 2003年3月9日、肝細胞がんのため、東京都千代田区の病院で逝去。 (引用元 Hatena Keyword)

「矢頭高雄」と関連する人物(故人)